ケーブルガード

ケーブルガード

ケーブルガードの図面(pdf)ダウンロード

商品説明

イベント会場、お祭りなど気兼ねなくケーブルを這わすことが可能

▲このページの先頭に戻る

ケーブルガードの設置方法

1.位置決め → 2.穴あけ → 3.穴掃除 → 4.接着剤を穴と穴の周囲に → 5.アンカーピン

アスファルトの場合

  1. 本体を接続していきます。
  2. ずれ防止のオスメスをしっかりはめていきます。
  3. 体重をかけて押し込んで接続させます。
  4. コーナー部材も同じ方法で固定します。4個で90°曲げることが可能です。
  5. お好みの角度でコーナーが作れます。

エポキシ接着剤
最大5ケーブルまで収納可能

工事現場での様々な仮設配管やケーブルの保護にお困りではありませんか?大切な配管、配線を簡単に時間をかけずに保護することが重要です。大型車両の通過にも耐え、重量が16kgあるので現場では連結部を重ねるだけでずれにくく、簡単設置で重機も設置工事も不要です。イベント会場やお祭り会場、コンサートホールなど放送機材の配線保護にも最適です。

●本体部…リサイクルゴム(廃タイヤ再生品) ●カバー部…PVC製 ●本体部…黒 ●蓋…黄色
※リサイクル製品のため、商品に色むらや寸法のわずかな違いなどが生じることがございますがご了承ください。

▲このページの先頭に戻る

広告PR

ご注文はコチラから即日対応致します!

お見積もり希望の方、サンプル希望の方 サンセルフにお問合せください

この商品の売上金の一部は、国土交通省所轄『財団法人 交通遺児育成基金』に寄付させていただきます。